ピロシキ+ヒロシマ=ピロシマ


原爆ドームまえにピロシキ屋台を出し、観客の似顔をひき肉のつまったピロシキで作る。それを煮え立った油の中に投下する。揚げあがった似顔ピロシキをモデル本人に食べてもらい、明日を生きのびる栄養となる。『ピロシマ』のメッセージはたんなる戦争批判ではなく、死をも食べつくしながら命を乗り継いでいく人間の力である。

HOME