MY FIRST PAINTING
物干し台、オネショぶとん、ヴィデオモニター
渋谷スペースエッジの 入口を入ると5組の物干し台にふとんが干してある。
よく近づいてみると5枚のふとん全部に黄色いシミがついている。そう、オネショぶとんだ。
真ん中にはテレビモニターがあり、1959年当時おやじがダブル8ミリ映画で撮った0才〜3才までのオレが映し出される。
子供の頃オネショ小僧だったオレは、その罰としてふとんを通りに面した物干し竿に干された。その恥ずかしさとトラウマがこの作品を作らせたと言ってもいい。そう、あの頃のオネショぶとんは公衆へと展示された最初のスカトロアートだったのである。
『クリネックス天使の詩』 右手奥の展示室だが、これはBlueで展示されたものと同じなので説明は省く。

NEXT
HOME