コックさん
600 X 600cm Shit on canvas

コックさん」は子供の絵描き歌だ。
♪おなべかな?
 おなべじゃないよ、葉っぱだよ。
 葉っぱじゃないよ、カエルだよ。
 カエルじゃないよ、アヒルだよ。
 6月6日に雨ザーザー降ってきて、
  三角定規にヒビ入って、
 アンパン2つに、豆3つ。
 コッペパン2つくださいな。
 あっというまに、
 「コックさん」
オレはニューヨークやスペインでコックをやっていた。動物たちの死肉をさばき、美味しく味付けし、美しく盛り合わせ、人間に食べてもらう。
チベットの山奥で見た鳥葬は(くわしくは「アジアに落ちる」の79、265ページあたりを読んで下さい)逆に人間の死体を坊さんがさばいて鳥に食わせる。
コックさんは、死を生に転化させるシャーマンなのだ。
そしてオレは、「うんこ」というもっとも忌み嫌われる物を、「芸術」というもっとも高尚な物に転化させる。

NEXT HOME